さやま保育園

月のことば

<< 戻る  
【平成30年4月3日】
仏さまといっしょの入園式
 桜舞う今日、さやま保育園にご入園いただきました125人のお友だち、入園おめでとうございます。みなさんのご入園を、職員一同心よりお待ちしていました。
そして何よりも、みなさんの入園をまだかまだかと、待っていて下さった方が、南無阿弥陀仏という仏様です。この仏様は、いつでもどこでも私たちを見守っていてくださいます。嬉しいとき一緒に喜んでくださり、悲しいとき一緒に悲しんでくださる仏様です。
さやま保育園は、親鸞聖人のお心を慕い、まことの保育を実践する、仏教保育園です。入園式では、在園児さん達が、大きな声で「なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ」と称えていました。なんまんたぶとは南無阿弥陀仏の仏様のお名前のことです。
私たちの日々の生活の中で「ナモアミダブツ」をたとえるとするならば親と子の関係に似ていると思います。親は子どもが健やかに育って欲しいと願います。母親は赤ん坊に「おかあさんだよ」と言い、「あなたのそばにいますよ。あなたを見守っていますよ。」と無償の愛情を注ぎます。子どもは親の深い愛情を一身に受けて、その願いの中で安心して成長していきます。子どもを呼ぶ親の声に子どもは「お母さん」とそのままに答えます。
「ナモアミダブツ」とは阿弥陀様のお名前であり、いつも「そばにいるよ。寄り添っているよ。あなたを見守っているよ。」という阿弥陀さまの私を喚ぶ声であり、そのご恩に感謝の「ありがとうございます」となって、私の口に出てくる「ナモアミダブツ」ということです。決して、お参りをするときの呪文や単なるご挨拶ではありません。
この度は不思議なご縁で、さやま保育園にご入園いただき、こんなにたくさんのお友達に出会うことができました。さやま保育園は仏様に見守られながら、思いっきり遊ぶところです。おもちゃや遊具、園庭や地域の自然の中で、先生やお友達とたくさん元気に遊び込む事で、心身ともに成長してまいります。私たち職員一同、未熟ではございますが、子ども達と楽しく遊べる環境作りに精進していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。合掌
お問い合わせ

トップページ
お知らせ
行事予定
園だより
月のことば
クラスだより
給食
保健だより
子育て支援センター
保育園概要
園の一日の活動
年間行事
法人情報公開
保護者ページ
サイトマップ